• HOME
  • 2019年10月から消費税10% 外構の経過措置

2019年10月から消費税10% 外構の経過措置

2019年10月1日から消費税が10%になります
外構・エクステリアは、納期まで時間が掛かるため、経過措置が講じられます


 2019年10月1日から消費税が上がる事になりました。

 ただし、外構・住宅・リフォーム工事などはご契約から施工、引き渡しまで時間が掛かる事が多いため、特例措置が設けられました。

 増税前8%の消費税で施工を行うには、2019年9月30日までに引き渡しをする、もしくは2019年3月31日までに契約を済ませる必要があります。つまり、2019年3月31日までに契約を済ませれば、引き渡しが2019年10月1日以降になっても8%が適用されます。

  ※2019年11月時点での情報ですので、変更する場合があります。

消費税10%への増税 経過措置
 
 駆け込みにより材料が品薄で納品が遅れたり、職人の都合がつかない等、普段に増して日数が掛かる恐れがあります。早めのご契約をオススメします。2019年3月以降の契約になってしまった場合でも、早めのご契約で2019年9月中にお引き渡しができれば8%で抑えることも可能です。

 注意! これから注文住宅を計画されている方へ
 2019年4月以降の契約になり、その後注文住宅の完成が遅れてエクステリア外構の引き渡しが2019年10月以降になった場合は、2%の差額をお願いすることになります。

消費税8%と10%の比較


 消費税8%と10%ではたった2%の違いですが、外構工事ですとそれなりに金額もかかりますので、大きな差となります。

8% 10% 差額でお得♪ 具体的な例
20万円のカーポート 21.6万円 22万円 差額4000円を、熱線吸収ポリカーボネート屋根変更予算の一部に充てられます(8000円~)
カンナキュート 29万1600円 29万7000円 差額5400円で、オプションのミニフックが付けられます!
奥行125cmのカンナ 50万5440円 51万4800円 差額9360円でオプションのフラワーハンガーBを付けてお釣りが来ます!
100万円のお庭 108万円 110万円 差額2万円に+αでオシャレな表札が付けられます!
または、シンボルツリーを植えることもできます!
200万円のお庭 216万円 220万円 差額4万円で、ディーズガーデンのかわいいポスト(一部)、または、ライティング(照明)が付けられます!

 今すぐ具体的なイメージが沸かなくても、ガーデンライフのプランナーがお客様にピッタリのガーデンプランを一緒に考えていきます。増税前に、特例措置を活かして早めに計画を立てて、お得にお庭・エクステリアアイテムを手に入れましょう!