川島町 Y様邸 四季折々、木々や花など自然の情景が楽しめるお庭


四季折々、
 木々や花など自然の情景が楽しめるお庭

工期約1ヶ月強

草花を育てるのがお好きなY様、2年前程前から庭のイメージや、植物の配置などをご自分で考えられていたそうです。家屋が和洋どちらにも合う形なので、南側は和風に、裏側を洋風にしました。和洋折衷がポイントです。和になりすぎないように、モダンなデザインの照明や、洋風のイメージのある植物も取り入れました。北側のお庭には乱型石のサークルテラスを設置し、バーベキューやパーティーなど家族が集うスペースに。  

施工前


施工前の門周りです。
 

南側のお庭は和風庭園になる予定です。
 

北側のお庭には、自然石を使ったサークルテラスが出来上がります。

施工中(カテゴリ別にしてあるため、実際は一部同時進行や順番が変わっている写真もあります)


まずは、既存の樹木を抜根して整地をします。 
詳細記事はこちら→
 

整地が終わり、ブロック塀を施工していきます。長さ60mの長丁場です。 
詳細記事はこちら→
 

南庭の石垣工事が始まりました。石積みのプロが様々な形の石をパズルのピースを合わせるように土決めで綺麗に組んで積んでいきます。詳細記事はこちら→ 

南側のお庭(日本庭園)施工中です。まずは庭石の配置をし、つくばい・灯篭を設置します。石垣も出来上がりました。
詳細記事はこちら→

北側のお庭、テラスの施工です。ベース基礎コンクリート打ちの後、乱形石を地道に組み合わせていきます。
詳細記事はこちら→

アプローチの施工です。門柱、アプローチ石貼り、コンクリート洗い出し仕上げを行った後、門扉を取り付けます。
詳細記事はこちら→


完成しました!


玄関の門袖は自然石と塗り壁(ジョリパット吹き付け仕上げ)で造りました。堂々とした門柱、門袖はお家と同色にすることによりとてもマッチしています。閉めると門柱と統一された豪華な門扉です。1期工事のため門柱、門袖前の入口部分と右側道路側面部分は道路拡張後の2期工事で仕上がります。

四つ折りの門扉を開けると広々としたアプローチへと続きます。
 他の門周り・アプローチ施工事例はこちら→

広々した駐車場とお庭へと続きます。

反対側から見るとこんな感じです。

南側、日本庭園の完成写真です(本当の完成は植物が育つ3年後です)。こちらは日本庭園入口からの写真です。

こちらも入口からの写真です。
    

流れ石組で囲った内側は川石を使い、奥は大きめの石で入口側に行くに従い段々と小さくなっていく枯山水にしました。
   

杉苔、タマリュウ、フッキソウの築山にバランスよく景石、蹲、水ぼたる灯籠を配位置しました。
 他の和風のお庭施工事例はこちら→

自然石の木曽石を使って造った石垣にツゲと紅トキワマンサクの生垣の下草はシバザクラを植えました。
 他の石垣・石積み・レンガ・ブロック施工事例はこちら→

北側のお庭にある井戸です。ポンプアップすると冷たい水が豊富に出てきます(残念ながら飲めません)。
 

北側のお庭、サークルテラスの完成写真です。
バーベキューやパーティなど家族が集うスペースになります。
 

座って庭を眺められる石のベンチが設置されています。
  他のテラス施工事例はこちら→

自然石の乱形石を贅沢に使った円形のテラス周りに高木、中木、低木(落葉樹、常緑樹)をバランスよく植栽しグランドカバーには宿根多年草をメインに四季を感じられるお庭になりました。

 
 他の植栽施工事例はこちら→
   

夜の風景


夜はほのかな灯りが浮かび上がり、お庭は落ち着いた癒しの空間に。照明の工夫で、日中とは違った表情が楽しめるお庭になります。冬に葉が落ちて枝だけになった落葉樹にライティングすることで、ひと味ちがった面白さが出てきます。


 

南側の一角にある日本庭園のような趣きあるポイントです。

 

モダンな灯が和洋折衷の雰囲気を出しています。
<Y様の声>
昼の眺めもいいですが、リビングから夜の庭をゆったり眺めるのも楽しいですね。日々刻々と変わる自然の情景を見るのがすきなんです。毎朝、お庭に出てお手入れするのが日課。時間をかけて、味わいのある庭にしていきたい。  
1期工事はこれで完成ですが、道路拡張後に2期工事へと続きます。2期工事の様子は、工事が始まり次第またお知らせいたします。お楽しみに!

2期工事完工しました、詳細はこちら

完成後約3ヶ月半後の写真です


夏に植栽した生垣樹が何本か枯れてしまっていたので植え替えに行きました。その時にお庭の状態も見させて頂きました。

 
 


   

春原のご紹介