坂戸市 坂戸グランドホテル様 曲線と、レンガ、自然石を活かした欧風ガーデン(6/18追記)


坂戸グランドホテル様 リニューアル工事
曲線と、レンガ、自然石を活かした欧風ガーデン


    工期約1ヶ月

坂戸グランドホテル様のリニューアル工事の紹介です。お庭正面・駐輪場は塗り壁を使って欧風に。アプローチは曲線を活かして奥行を出しました。床面はレンガや自然石を使って風合いを出しました。植栽や花壇は高低差をつけて立体的に仕上げました。

施工前


工事前の前景写真です。

ロビー前のお庭も変わっていきます。

赤色部分の舗装を撤去し、植物を多く取り入れたプロバンス風な庭園に仕上げます。完成まで一ヵ月掛かります。

施工中


まず、既存の樹木、舗装などの撤去作業です。解体作業は4、5日の工程で終了します。
  

解体工事がほぼ終わり、レストラン前のタイル工事に入りました。

タイル下地砕石路盤の作成、型枠工事の画像です。

レストラン前のタイル工事が始まりました。圧着貼りなので、接着剤を塗布しています。

タイルの種類はタカショーのセラクラシックロゼ300mm正方形です。
タイル貼りだけで4日間位かかります。
   

レストランアプローチの乱形石貼り施工中の画像です。1枚1枚加工し丁寧に貼っていきます。とても手間のかかる作業です。

ホテル2階から撮った作業風景です。進み具合がひと目でわかります。

レストランアプローチはひとまず完成です。ホテルオーナーのお気に入りの石貼りです。
  

庭園中心の花壇をレンガで積んでいます。中央の円形は高く積みます。

塗り壁の天端曲線をコンクリートカッターで切っています。ホコリがたつので集塵機が活躍しています。

曲線でカットした下地ブロックです。

レストラン前のタイル工事。目地を合わせながら圧着張工法で施工しています。

チャペルへの通路。アンティークレンガを敷き詰めました。曲線の通路にこだわっています。出来上がりが楽しみです。

塗り壁下地に凸凹をつけ、1回目に吹き付けをしました。

完成間近です。


完成しました!

昼と夜。それぞれ違った表情が楽しめるお庭。やわらかな色でまとめ、ナチュラルな雰囲気を演出しました。提案したのは「コートダジュールガーデン」。曲線を描く白い門塀や壁、ぬくもりが感じられる乱形石のアプローチが映えるお庭は、まさに南仏のイメージです。「色が勝負」のこのお庭、使用素材はできるだけ濃い色を避け、自然のやわらかな色合いを重視。また、かっちり整えすぎず、壁に凹凸を出し、不揃いの石を組み合わせるなど、よりナチュラルでやさしい印象を心がけました。



お庭正面、メインガーデン部分。塗り壁と植栽の種類、高低差を考え仕上げました。植栽のメインはコニファー類を植え、下草には彩りを出す草花をうえました。サイン(表札)はコードダジュールのお庭にあうアイアンにしました。
 

レストランのアプローチ、乱型石張りのカーブと、塗り壁の曲線とのバランスが奥行を出し、つい歩きたくなりますね。乱形石の色合いも優しく仕上がりました。
 他のアプローチ・門周りの施工事例はこちら
 

レストラン入口より撮影した画像です。アプローチ床面の曲線が奥行を出していますね。また、両サイドの塗り壁曲線も相まってプロバンスの雰囲気を出しています。
 
 

教会へのアプローチです。床面はアンティークな耐火レンガを使用し、レンガの風合いを崩さないように舗装材を塗りました。教会から歩いてくるタキシード姿の新郎、ウェディングドレスの新婦をイメージして色合いを決めました。
  

レストランより教会へと繋がるアプローチは、エスビックのアクシアトラッドを敷きました。方形のコンクリート製ですが、自然石の風合いと色合いを出しています。
    

メインの塗り壁裏は、座ってお庭を眺められるベンチを設けました。ベンチ板は腐らないアイアンウッド(ウリン材)を使用。
 アイアンウッドの紹介と施工事例はこちら
 

お庭中心に設けたひな壇の円形花壇。ひな壇にすることにより立体的になりました。欧米風にシンメトリーに樹木、草花をまとめました。草花の色合いも少しあでやかな感じにしました。花壇レンガは根元が引き締まるよう濃いめのレンガを選びました。
 

ホテルロビー前に設けた、曲線のボーダー花壇。手前にはコッツストーンを添景石にし、花壇をひきたせました。
 他の花壇施工事例はこちら
 
 

広々とした駐輪場。入口床面にはアンティークレンガを使い、コンクリート床面に温かみを出しました。
 他の駐輪場施工事例はこちら
 

メイン入口の壁面にアイアン製スリットフェンスを付け、欧風の雰囲気を出しました。
 他の塗り壁施工事例
 

完成したレストランテラスです。景観もよくなり、窓際の座席はいつも人気が高いそうです。お庭をリニューアルしてからは平日のランチは1時間待ちということです。オーナーさんいわく「嬉しい悲鳴です」とニコニコしながらおっしゃってました。さて素材ですが、既存壁面との色の取り合わせを考え、テラスタイルはタカショーのセラクラシックロゼを選びました。
 

画面中央に植えてあるのが、シンボルツリーのカツラ(株立)です。あいにく落葉樹なので葉がついていませんが5月にはハートの形をした若草色の新緑がとても美しいです。落葉樹高木系の樹木ですので将来が楽しみです。また、秋には黄葉するのでそれも楽しみのひとつです。
 
 

サブツリーとして斑入りネズミモチ・コニファー数種類・シマトネリコ・フェイジョア・オリーブ・サンシュユジューンべりー・ヒメシャラ・コウチワカエデなど植栽してあります。
 他の植栽施工事例はこちら
 

植栽や花壇は、ホテルらしい華やかさを意識しました。パンジー、ガーデンシクラメン、ジャノメエリカなどの一年草や多年草など、常時10種類ほどが咲きそろいます。
写真:手塗りの白壁に映る植栽の影と、鮮やかな花のコントラストが美しい。
 

いたるところに配置された花壇。冬季を含めて常時10種類以上が咲きそろいます。


新緑の季節になりました(5月追加)


今年5月の様子です。昨年11月完成致しました坂戸グランドホテルのお庭が新緑できれいになっていました。
初夏のお花に植え替えられ鮮やかさが増していました。
 
 

シンボルツリーのカツラも元気よく新しい葉が芽吹居ていました。芝生も蒼くなりお庭を引き立たせてくれます。ガーデンテーブルセットとパラソルがお庭にあっていますね。
晴れた日はオープンガーデンでティータイム、気持ちよさそうですね。フリースペースなので是非ホテルのほうへお立ち寄り下さい。

その後、6月16日の様子


坂戸グランドホテル様の庭木が元気良く成長しています。その中にブルーベリーがありますが、実をつけました。ハイブッシュ系の2本を植えましたので沢山実をつけています。きっと美味しいでしょうね。 

季節柄、カシワバアジサイが満開でした。白い花弁が沢山つき、お客様を楽しませてくれます。
 
 

2階から写した写真です。
 

フェイジョアの可憐な花が咲いていました。実がなるか楽しみです。

     
足元のペチュニアが鮮やかで綺麗ですね。彩りがあると明るくなり楽しみも出てきます。


レストランアプローチ入口の画像です。画像中央の樹木はアオハダです。花壇には季節の草花が植えてあります。樹木と草花が映える最高の季節ですね。
 
 
 
 

夜の風景

夜の風景もこのお庭の大きな魅力です。波打つ壁や中庭の木々が美しくライトアップされ、広いホテルの敷地に幻想的でロマンチックなムードが漂います。明るくやわらかな雰囲気の昼間のお庭とは、まったく違った印象です。「夜になると、お客様はお部屋やロビーからイルミネーションを見て楽しまれています。レストランもお庭が見える席がすぐ埋まるんですよ」と会長様。気候が暖かくなる春夏には、ライトアップした中庭でのコンサートやビヤガーデンなど、さまざまなイベントを考えているとのこと。春夏秋冬、朝・昼・夜。さまざまな表情を見せるように緻密に設計されたリガーデンで、お庭の魅力を倍増させます。


昼:やさしい雰囲気につつまれたエントランスビュー。お客様を迎える顔となっています。

正面玄関へと続く乱形石のアプローチ。ネームプレートもライトアップされて格式を感じさせます。
             

色とりどりの花がLEDに照らされて、昼の雰囲気から一転、静かな時間の流れる空間へ。

夜になるとお客様はお部屋やロビーからイルミネーションを見て楽しまれています。
 その他のライト・灯り施工事例はこちら